順番待ち予約

順番待ち予約
上記QRコードより、順番待ちの予約・確認が可能です。下記ボタンをクリックすると、PCからも同様に予約・確認を行っていただけます。
順番待ち予約

診療カレンダー

3月休診日・午後休診日)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月休診日・午後休診日)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ごあいさつ
当院までの交通・地図
診療時間
院内紹介
順番待ちシステムについて

アルゴンプラズマ凝固法(APC)について(アレルギー性鼻炎・花粉症の手術療法)

トップページにもどる

【スギ花粉飛散中の手術について】
スギ花粉症の方に対して現在この治療法は行っておりません。手術後は一時的に症状が悪化するため、シーズン前に行うことをお勧めしております。

当院ではアレルギー性鼻炎(花粉症)に対する手術治療として、アルゴンプラズマ凝固法(APC)による下甲介焼灼術を行っています。
⇒アレルギー性鼻炎(花粉症)について

アルゴンプラズマ凝固法(APC)とは

アレルギー性鼻炎は花粉やハウスダスト、ダニなどの原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に接しアレルギー反応を引き起こすことで生じます。手術はAPCにより粘膜を焼灼し、凝固変性させることでアレルギー反応を起こしにくくするものです。鼻づまりにもっとも効果があり、鼻水・くしゃみにも効果が認められます。

ただし、手術はアレルギー性鼻炎を治すものではありません(根治的な治療法ではありません)。変性した粘膜は徐々に元の粘膜に戻るため、数年後には手術の効果は消失します。ただし、この手術は繰り返し行えるので、再度手術を行うことは可能です。

手術がむいている方、手術が出来ない方、手術時期について

アレルギー性鼻炎の治療の原則は、あくまで抗原回避や薬物治療です。手術は、こういった治療で充分な効果が得られない方が対象になります。また、何らかの理由で花粉症のお薬を服用したり点鼻できない方や、お薬による治療を希望されない方も対象になります。

一方で手術が出来ない(向かない)方もいらっしゃいます。APCは一種の電気メスなのでペースメーカーなどの医療機器が体内に埋め込まれている方には手術は出来ません(義歯やインプラントなどは対応法がありますのでご相談下さい)。脳梗塞や心筋梗塞などで抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)を服用されている方にも手術はご遠慮いただいています。麻酔薬(キシロカイン)にアレルギーのある方も手術は行えません。手術は短い時間で終わりますが、静かに手術や処置を受けられない方や、医師や看護婦の指示を守れない方もお断りしています。また、鼻中隔彎曲や鼻ポリープなどがあり手術機械が鼻に挿入できない場合は、それらを治療されてからAPCを行うことをお勧めしております。

時期としては、手術後に鼻の中が腫れて一時的に症状が悪化するため、スギ花粉症の場合は秋から、遅くとも1月初めまでに行うことをお勧めしています。 いずれにしても、手術の前には医師の診察を受けて、手術の効果が見込めるかどうかご相談下さい。

手術の流れ

※当院では原則として手術は予約制です。医師の診断により、手術可能かどうかの判断を受けていただく必要がありますので、受診をお願いいたします。

予約時間に来院していただき、まず医師の診察と鼻の粘膜の麻酔を行います。麻酔薬を鼻の中にスプレーした後、麻酔薬をしみこませたガーゼを両鼻に挿入します。そのまま約30分間お待ちいただき、手術となります。

ガーゼを抜き取り、今度はAPC専用の装置(プローブ)を鼻の穴から入れ、鼻の粘膜を焼灼凝固します。両鼻で約5~10分で終了します。痛みについては個人差があるため、全くないとはいえませんが痛みのために治療を途中で終了することはこれまでありませんでしたので、ご安心下さい。違和感や焼けるような臭いは殆どの方が感じます。手術後は出血や気分不快などがないことを確認して、そのまま帰宅となります。

手術後に鼻の炎症を抑える薬と止血剤を処方しますので、次回来院時まで服用をお願いしています。痛み止めもお出ししますが、ほとんどの方は内服せずに済んでいます。特に問題ない場合は、次回の診察は1~2週間後になります。 手術後は、鼻の中がヤケドしたような状態になるため、一時的に鼻が詰まり、鼻水がたくさん出ます。鼻水に血が混じることもありますが、特に心配はいりません。約2~3週間かけて粘膜に付いたかさぶたが剥がれます。かさぶたが剥がれきると、鼻は安定した状態になります。

費用について

治療は全て健康保険が適応されます。両側の手術を行った場合、手術費用だけで約5~6千円になります(負担率3割の場合)。これに再診料(場合により初診料)、処方箋料などが加わります。

繰り返しになりますが、手術治療は効果もありますが、アレルギー性鼻炎に対する絶対的な治療法ではありません。まず初めに医師の診察を受け、手術の効果が見込めるかどうかを判断してから手術を行うことが大切です。

よくあるご質問

Q:どのような治療法ですか?
花粉症は花粉が鼻の粘膜に作用することで起こります。粘膜を一度焼くことで変性させ、アレルギー反応を起こしにくくさせます。また焼かれた粘膜は萎縮するため鼻の通りがよくなります。 当院では粘膜の焼灼にアルゴンプラズマを用います。レーザーと似ていますが広範囲を浅く焼くことが出来ます。
Q:花粉症が治るのですか?
症状を緩和する治療なので、完全に治るわけではありません。効果は1年から、長い場合は4~5年間持続します。また繰り返し行うことの出来る治療法です。
Q:すべての症状に効くのですか?
鼻づまりに関してはかなりの効果があり、くしゃみや鼻水に関してもある程度の効果が見られます。ただし効果には個人差があり、治療後に全く薬が必要にならない方もいらっしゃいますし、使う量が減ったという程度の方もいらっしゃいます。 花粉症の目の痒みやノドのイガイガ感など、鼻の症状以外には効果はありません。
Q:手術が受けられない人はいますか?
電気を使うため、ペースメーカーなど体の中に機械が埋め込まれている方や、骨を固定するボルトなどが使われている方には手術は行えません。また、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)などを服用中の方は、手術が受けられない場合があります。
鼻の中のかたちに異常があって(鼻中隔彎曲症など)手術機械が鼻の中に入らない場合も手術は行えません。麻酔薬にアレルギーのある方にも手術は行えません。 また、一定の時間静かに処置を受けられない方(小さいお子さん)も手術は困難です。
Q:実際にはどのようにするのですか?
まず、鼻の粘膜を麻酔します。スプレーを噴霧し、続いて麻酔薬を含ませたガーゼを鼻の中に挿入します。麻酔が効くのを約30分待ってからガーゼを取り出し、専用の装置で鼻の粘膜を焼灼します。手術にかかる時間は5~10分です。その後、具合が落ち着いていれば帰宅となります。 手術後は約2週間後に再診となります。毎日通院する必要はありません。
Q:痛みはありますか?
麻酔を行いますが、麻酔の効き方や痛みに対する感受性は一人一人異なりますので、全く痛くないとはいえません。特に歯に金属が入っている方は、金属部分に電気がたまるためうずく感じがあります。当院では痛みで治療を中止したことは今のところありません。
Q:費用はどのくらいですか?
手術は全て保険適応で、手術料は約5~6千円になります(3割負担の場合)。その他、初再診料や処方箋料などが必要となります。
Q:手術はいつでも出来ますか?
手術後に一時的に症状が悪化するため、花粉症の症状が出ている間は行えません。当院では症状の落ち着いている10~12月頃に行うことをお勧めしています。
Q:手術を行って具合悪くなることはありますか?
手術後約2~3週間は鼻づまりが悪化します。また鼻水に血が混じったり、血液の固まりが出てくることがありますが、特に心配はありません。。
Q:電話で手術の予約は出来ますか?
まず初めに医師の診察を受けて、手術可能かどうかの判断を受けていただく必要があります。診察の予約は当院では行っておりませんが、受診の方法については「診療時間のページ」をご覧下さい。医師と相談し実際に手術を行うことになった場合、事務スタッフと日程の調整を行わせていただきます。詳しくはその時にご説明いたします。
当院のイメージキャラクターについて。